教室ご案内 教室ご案内 教室ご案内 作品展報告あめにてぃ倶楽部

  



(作品集)

        
  繊細で美しい手彫りガラス工芸 グラスリッツェン作品をご紹介します




ひまわり

ダイナミックなひまわりの花をプレートに合わせてデザインしました。
計算されたように美しい中央の花粉部分の表現に苦労しました。
生命の不思議さに魅了されつつ、針を進めま した。





ワゴン (つるバラ)

スモークがかかった二段のガラスのおしゃれなワゴンです。
ガラスの楕円形にそってツルバラを描いてみました。エレガ
ントな感じが出て洗練されたおしゃれなワゴンに変身です。
リビングに置くと、その空間が輝いて見えました。
         


画像をクリックすると拡大します
              








 「  少 女  」

春、野原一面にタンポポやムラサキツメクサが…。
両手いっぱいに花を摘んで花束や花輪作りを楽し
んだときの記念のポートレートです。






琉 金

丸い鉢に3匹の琉金を描きました。
眺める方向によって、泳いでいる琉金の数が2匹から3
匹に変化したり水草や岩が見えたりと楽しい作品です。







飾り罫のある器

それぞれの器に合わせた飾り罫模様をデザインしてみました。
左端Bowlには可愛いフルーツが三種、右端Bowlには薔薇の花
のレリーフに合わせた飾り罫です。主役にも脇役にもなります。





牡丹&束ね熨斗

和風の感じを表現したくて…
華やかな振り袖や祝い事の着物柄に多く用いられている
束ね熨斗文様。日本伝統文様を現代風にアレンジしました。
そして「百花の王」と言われている牡丹を組み合わせてみ
ました。華やかで日本的な印象を醸し出してくれています。
私の好きな作品の一つになりました。



LSA Compote φ31
  
   






 


Paper-weight : Germany (Full lead Crystal) W99xD23mm


ミュシャ

女性の横顔、初めての挑戦です。

伏せた目元、鼻、唇、流れるような髪、宝飾品、そして、身体の線もあらわな薄い衣装を通し
てミュシャの描く女性像は、どれも女性の美を余すところなく追求していて、大変魅力的です。





  枇杷と小鳥




秋 「ジョウビタキ&ピラカンサ」   ・   春 「メジロと梅」



花のシリーズ 「蔓性植物の女王クレマチス」・「風の花アネモネ」・「百花の王牡丹」

梅雨の時期、ぴったりの作品です。
大型のVaseなので、紫陽花が映えます。写真では見えま
せんが,入り口brimにも紫陽花の花を散らしました。


ご近所の庭や涼しい山間部で、美しく咲いている紫陽花を
目にしますと、やはり、目を奪われますね。


 
Vase 高さ38㎝、入り口25㎝(brimを含む)

桜 の季節になると、自宅近くの堤防道路の両側に、
それはそれは見事な桜のトンネルが出来ます。
樹齢約25年くらいでしょうか。太い幹に満開の桜の花。

桜の花の季節も終わり、新緑が目に眩しい頃になりまし
たが、どうしてもあの桜の花を残したくて……。
小ぶりのオーバルプレートに二種類の桜を描きました。
出来上がってみると、とても可愛い一皿になりました。
いつかまた、同じ形のプレートに今度は四季の花を
それぞれに描いてみたいと思います。 
下の小さい画像をクリックすると画像が拡大されます




高さ37㎝もある花器です。
この花器を目にしたとき、タイ旅行で鑑賞したタイの踊り子
が心に浮かび、是非とも挑戦したくなりました。

タイの伝統舞踊ラーマキエン(アユタヤ王朝時代に王国の歴
史と重ね合わせた物語)の世界です。
タイ古典楽器による楽団の生演奏、きらびやかな衣装、手
足の動きなど思い起こしながら、細部までこだわりました。
三人の踊り子を描いていますが、それぞれに違ったお顔に
なりました。






Vase: 高さ37㎝
プレートの縁飾りの真珠のネックレスようなデザインが気
に入り、購入した1枚です。初めてのオリジナルモチーフで
す。
はじめに中央にエレガントなバラの花1輪彫りました。
これだけでもシンプルで素敵です。でも、縁飾りに負けない
もっとゴージャスなプレートが欲しくなり、周囲に小さなバラ
2輪を飾り罫で囲みゴージャス感を演出しました。細かい作
業の連続で1ヶ月近くかかってしましました。さて、ここに何
を盛りましょうか。
中央部分がくぼんでいるちょっと変わったプレートです。
茎や葉を表と 裏からの両面から彫っています。
タンポ
ポの綿毛を飛ばせたかったのですが、プレートの
周りに余裕がなかったので綿毛を飛ばせることは残念な
がら諦めざるを得ませんでした。
直径28㎝の大きなプレートに、野菜とハーブを彫りました。
タマネギ・ディニッシュ・トマト・ニンニク・ピーマン、そして
ハーブのコリアンダです。
配置に悩みましたが、楽しい1枚になりました。




☆作品見学・体験レッスンは、随時受付しています。
お気軽にお問い合わせください。



教室ご案内 教室ご案内 教室ご案内 作品展報告↑ページの先頭に戻る






Atelier Mari グラスリッツェン

田中 眞理子



tel:fax  079(284)3348
e-mail : atlr_mari@yahoo.co.jp






☆作品のモチーフ(図案)は、アトリエRoco(小出弘子)及びアトリエMari(田中眞理子)オリジナルデザインです。   
作品モチーフ(図案)の権利は作者に帰属しています。
またこのサイトの全ての掲載物について、無断転載・使用は、ご遠慮願います。

  

Copyright© 2013 AtelierMari Glasritzen All Rights Reserved.

あめにてぃ倶楽部 グラスリッツェン教室